2018年11月30日 更新

レンジで簡単「パパごはん」!料理ができるパパはカッコイイ!

ママがお出かけする日は、パパが料理担当で大活躍!

一人暮らしのときに自炊していたというパパや、バーベキューは得意!というパパも、毎日の料理作りとなるとついついママ任せになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

料理をするのは好きだし、子どもを自分の手料理で驚かせたいし、喜ばせたいと思う、そんなパパは、とっても素敵!
ママが出かける日は、外にランチを食べに行くのではなく、「パパが料理担当」で活躍するチャンス!お子さんと一緒に作るのも楽しいですよね。

まずは簡単なワンプレートメニューからトライ!

それでは、何を作りましょうか?
普段、あまり料理をしないパパのために、以下の3つのポイントからメニューを考えてみました。

●自分好みのワンプレートメニューにする 
●失敗しにくい「電子レンジ」調理にする 
●後片付けまでラクラク  

まずは何品も欲張らずに、丼物や麺類など、簡単なワンプレートメニューはいかがですか?普段食べなれた、好きなメニューなら、やる気もアップしますね!

また電子レンジを使って作る料理は、レシピ通りに材料の重さを量り、加熱時間を守れば、「焦げた…」「生煮えだった……」「煮崩れた!」といった失敗が少なくなりますので、初めて作るものでも安心です。しかも、鍋で作るより時間も短く仕上がり、中までしっかり味がしみ込みます。

大切なのは、後片付けまで完璧に!食べっぱなしでは、帰ってきたママのご機嫌を損なうかもしれません。その点、電子レンジ調理は、洗うのが面倒な鍋やフライパンを使わず、洗い物も少なくてすみますから、後片付けもラクラクです!

上の3つは、「調理バッグ」(下記参照)を使って電子レンジでチン!するだけのメニュー。
材料の分量も、作り方も、すべて「専用レシピ」に書いてあるので、簡単です。

パパごはんに最適!「調理バッグ」ってどんなもの?

今回は、「リード プチ圧力調理バッグ」という電子レンジ専用の調理バッグを使います。

調理バッグに専用レシピ通りの食材と調味料を入れ、電子レンジで加熱するだけ!食材から出る蒸気で“プチ圧力”がかかるので、短時間でも簡単に、おいしく、料理を作ることができます。
「料理は何をどう作っていいかわからない」「味付けに自信がない」というパパにも、専用レシピがナビになりますので、安心して作れますよ。

また、食材と調味料を入れた調理バッグは、冷蔵庫や冷凍庫で保存しておくこともできます。
たとえば、午前中のうちに「あとはチンするだけ」の状態に仕込んでおいて、公園などに出かけて帰ってきてから、チン! できたて料理がすぐに食べられるので、子どもの「おなかすいた!」「ごはんまだ?」の声にも、余裕で対応できます。

「リード プチ圧力調理バッグ」の基本の使い方

1.食材と調味料を入れる 

調理バッグに入れる前に「調味料をしっかり混ぜ合わせておく」のがポイント。

2.電子レンジで加熱する

「上下を間違わずに、耐熱皿に平らにおく」、「加熱終了後、庫内に3分おく」のが重要!

3.盛りつけて完成

調理バッグを開ける際、蒸気によるやけどに注意。

専用レシピどおりに!

材料の分量や加熱時間等は、以下にご紹介するレシピどおりに調理して下さい。
専用レシピどおりに調理しないと、過加熱で調理バッグが焦げたり穴が開いたりすることや、逆に加熱不足になることがあります。
なお、専用レシピは製品に添付しているほかに、WEBでも公開しています。

作ってみよう!「調理バッグ」でパパのご自慢ごはん

パパにも、子どもにも人気のメニューを3つご紹介します。どれもワンプレートで栄養バランスよく食べられて、洗い物もラク。
「パパ、料理もできるなんてスゴイ!カッコイイ!」と、お子さんから称賛の声が上がるかも!

味決めカンタンでびっくり!「トンテキ」

【リード認定専用レシピ】
厚切り肉が、ごちそう感満点。複雑な調味料を用意しなくても、ソースとケチャップだけで驚きのおいしさになるんです! キャベツのせん切りが面倒なら、ザクッと手でちぎっただけでもOKです。

<材料(2人分)>
豚肩ロース肉、または豚ロース肉(とんかつ用) 2枚(1枚130g)

 ウスターソース 大さじ3
 トマトケチャップ 大さじ1
キャベツ(お好みで)
ミニトマト(お好みで)
ごはん 適量

<作り方>
(1)Aの調味料をよく混ぜ

1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Lidea(リディア)Lidea(リディア)