2017年9月15日 更新

歩けば歩くほど元気湧き出る!疲れないマル秘ウォーキング術

Rhythm(リズム)
みなさん、こんにちは!バストアップメソッド「乳トレ」の“おっぱい番長”こと経絡整体師の朝井麗華です。
猛暑で外を歩いてられなかった季節も落ち着き…いよいよ秋!1年の中で、より一層食べ物やスポーツが楽しめる季節となりました。今まで真夏の炎天下で外出を避けていた人も、そろそろ外を歩きたくなってきたのでは?
そんな今回のテーマはウォーキング!!それも、経絡整体師流裏技付きです。

足は何よりも重要!しっかりケアしよう

歩くときは2つの足を使いますね。人間はこの面積の小さな薄っぺらい2つの足で、その上の身体全部を支えます。この2つの足の存在がどれだけ尊く、また、どれだけ働かせていることか、考えたことがありますか?
足はこの大きな図体を支えて、立つ・歩く・走るための仕組み満載な場所。そのための素晴らしい機能を搭載している場所なので、その分大切に使い、心を込めて手入れしてあげて欲しい部位ですが…みなさん、日頃足のケアってしてますか?
運動するにも、日常生活を送るにも、とにかく足を使います。ですのでみなさま、これからご紹介する足解放体操を毎日やってあげましょう!

疲れ知らずの足を作る!足解放体操

足は関節だらけ!!“回る関節は回す!”が朝井式モットー。
まずは足首から。
①:床や椅子に座り、左脚を折り曲げ右太ももの上に乗せ、左手で左足首をつかみます
②:左足裏から、足指と右手の指を絡ませるように組み、足指の根元をしっかり握って足の指を開きましょう。日頃、ハイヒールや先の窮屈な靴ばかり履いている方は足指が開きづらく、これすら大変な方もいるかもしれません。
③:右手で左足指根元を握ったまま、足指を前後にゆっくり倒して足指の根元をストレッチしましょう。ゆっくりと、足指の付け根がよく伸びていることを実感しながら行ってください。
④:つかんでいる左手、足首を支点に右手で大きく円を描きながら左足を時計回りに回します。10回回したら、逆回しで10回行ってください。
⑤:両手を離し、次は左手の親指&人差し指で足の親指の根元を挟み、右手の親指&人差し指で足の親指の爪部分の表裏を挟みます。左手でつかんでいる足指の根元を支点に、右手で円を描くように回します。5回ずつ逆回しも行います。
⑥:他の足指も同様に行いましょう。
⑦:続いて、左足を両手で包むように両サイドから触れ、両手の親指の腹で足裏全体を押します(20プッシュ以上)。親指の力だけで行うと、すぐに疲れてしまうので、押す毎に体重を乗せながら行うと◎。土踏まずは胃や腰の反射区に近いので特に念入りに。
⑧:最後に、右手をグーに握り、左足裏のかかと部分を叩きます。トントントンとしっかり10回叩いて!
⑨:①~⑧を右足も同様に行いましょう
これを行うだけでもかなり足の疲れは取れるし、むくみにくくもなります!これで下準備はOK!

とっておきの裏技!それは足裏のあるツボを刺激すること

さて、タイトルにあります「歩けば歩くほど元気湧き出る!疲れないマル秘ウォーキング術」!とっておきの裏技。ウォーキングをしている方、仕事や通学などでたくさん歩く方に朗報です。
足の裏には「湧泉(ゆうせん)」という、書いて字のごとく、「(元気が)泉のように湧き出る」という意味のツボがあります。そして、そこは腎臓の反射区でもあります。経絡でみると、「腎」は「精」を司る部分。「精」とは生命力そのものを指します。よって、「腎」が滞っていたり、弱っていると、パワーダウンして疲弊してしまいます。
エネルギッシュになるためには「腎」を活性化してあげること!腎を活性化する経絡は全身に走っているので、もちろん他の部分も大切ですが、その中でも足裏の「湧泉」は活力アップにとても有効。
足裏を見てください。足でグーを握るようにつま先をぐっと曲げてみて。
皺がよって凹む部分(足裏の真ん中より少し上)が「湧泉」です。
ここを、両手の親指の腹でぐーっと深く押してみましょう。(足解放体操の⑦で行ってください)この場所をよく覚えておいてくださいね。

歩けば歩くほど元気湧き出るマル秘ウォーキング術とは?

さて、世の中にはツボに貼るシールというものが売っています。磁石が付いた、コリに当てるシール状のものや、耳ツボに貼るシールなどは、手軽に入手できて良いでしょう。それをここ、両足の「湧泉」に貼ります。コレだけ!!
こうすることで歩くたびに湧泉が刺激され、ツボ押し効果が。歩けば歩くほど、生命力溢れるエネルギーが高まっていくことでしょう。
こういったシールが入手できない場合は、お米1粒を肌用テープ(サージカルテープや絆創膏のテープ部分をカットして使うのも〇)で貼り付けても、同等の効果が得られます。
テープかぶれの心配や、肌に直接シールを貼るのが嫌な人は、靴下やストッキングの上から貼るといいでしょう。
いずれにせよ、ソフトな刺激です。「え?コレっぽっちの刺激で効くの?」と思ったあなた。大丈夫です。ツボはグイグイ押さずとも、反射区なので、そこにかすかに触れるだけでも意味があり、断続的な刺激が信号となり、身体へその影響を成してくれるのです。
誰でもすぐに試せるテクニック!経絡整体師 朝井麗華が教える「歩けば歩くほど元気湧き出る!疲れないマル秘ウォーキング術」ぜひ試してみてくださいね♪

文:リズムアンバサダー 朝井麗華
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rhythm (リズム)Rhythm (リズム)