2018年6月27日 更新

心も身体もリラックス!スポーツの後にはフルーツデザートティー

Rhythm(リズム)
ジリジリと照りつける日差しが気になる夏。紫外線による日焼け、脱水症状から引き起こされる熱中症は、屋外だけでなく、気温が高い室内でも起こります。

こまめな水分補給が必要ですが、中でもお勧めなのがアイスティーです。紅茶に含まれるポリフェノールには、紅茶特有の赤色を呈するテアフラビンという物質が含まれており、紫外線による肌のダメージを改善する働きがあると言われています。
参考:紅茶と暮らしの研究所 vol.09 続報!!日焼けvs紅茶!?

ビタミンCの働きも重要なので、紅茶のポリフェノールにクエン酸をプラスしたアイスレモンティーは、戸外での活動やスポーツをするときには効果的です。



紅茶とフルーツの効用


私は長年テニスを愛好していますが、有名選手の試合をテレビで観ていると、セットの合間にバナナを食べているのをよく見かけます。
バナナには果糖やでんぷん、ショ糖、ブドウ糖などの糖質が含まれていて、吸収されるのに時間差があるため、エネルギーが長時間持続します。また、カリウムやビタミンC、マグネシウムも含まれているのでスポーツ選手にとって、とても重要なエネルギー源となるのです。

柑橘系のフルーツはビタミンC、マンゴー、キーウィ、パパイア、ブルーベリーはビタミンEなど、フルーツにはビタミン類が豊富に含まれています。
冬季オリンピックで銅メダルを取ったカーリング女子選手たちは、試合の合間に「もぐもぐタイム」と称してビタミンCが豊富な苺を食べていました。

さらにドリンクとして紅茶を合わせると、紅茶のポリフェノールによって、運動能力と持久力を高めることができます。



スポーツの後にはフルーツデザートティーがおすすめ


身体の筋肉をほぐし、同時に心をリラックスさせるスポーツ後のケアはとても重要です。
そこで、アイスティーにたっぷりのカットフルーツをを入れて食べながら飲み、フルーツのビタミン類と紅茶のポリフェノールをたっぷり摂取してください。おいしくてリラックスし、満足度がアップします。



【材料】1人分


バナナ      1/3個
オレンジ     1/4個
キーウィ     1/3個
ブルーベリー   4~5粒
パパイアかマンゴ 2~3カット
シュガーシロップ 20cc
アイスティー   150cc
氷        適量

<作り方>


1)各フルーツをカットしておく


2)グラスに氷とアイスティーを入れる


3)シロップを入れて混ぜる


4)各フルーツをいれて飾る


5)フォークを添えて出す
アウトドアスポーツがしたくなる夏がやってきます。紫外線対策だけでなく熱中症対策にも気を使いたいものですね。そんな時に水分補給と疲労回復を同時に叶える「フルーツデーザートティー」は心強いドリンク。今年の夏はフルーツと紅茶を持ってお出かけしてはいかがでしょうか。

文・写真:磯淵猛
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rhythm (リズム)Rhythm (リズム)