2017年2月14日 更新

【決めchao】袋あめランキング

みんなが選んだ最強の袋あめは!?


乾燥で喉がイガイガする季節がやってきました。
今回はこの時期に嬉しい「袋あめ」について、ご参加いただいた625名のみなさんの声を発表しちゃいます♪

昔好きだったあんなあめ、こんなあめが紹介されているか?チェックしてみてね。


■大根?すもも?黒砂糖?


【いせきのど飴】
『天然の蓮根と大根が入ったものですっとします』(あきちゃんさん/大阪府/60代/女性)

【花のくちづけ】
『すもも?子供の頃に初めて食べた時、初めての甘酸っぱさにハマってからは、ふいに食べたくなります。』(りょうさん/大阪府/30代/女性)

【鬼黒飴】
『まわりの黒砂糖の量がハンパない!ゴツゴツ感がすごい!飴と黒砂糖だけど、思いの外甘すぎない。最近はウエルシアのある店でしか売ってないです』(たんぼさん/栃木県/50代/女性)

◯横文字のあめはひとつもなく、どれも日本らしい名称で素敵です♪


■食べるのが勿体無い?宝石のようなあめ


【純露】
『自分が小さい時、駄菓子屋をやっていたウチのおばあちゃんが、店の手伝いをすると一つくれた思い出があるから』(オヤジさん/群馬県/40代/男性)

『あの甘さは止められない♪子供の頃から大好きです。』(きょうちくりんさん/大阪府/40代/女性)

【黄金糖】
『味に間違いがない!子どもから、大人まで万人受けするから!』(たんばさん/茨城県/30代/女性)
『子供の頃、母がいつもバッグに入れていてよく食べた』(ゆんさん/大阪府/30代/女性)

◯黄金糖は四角形。純露は五角形で、どちらも宝石のように綺麗ですよ!純露は紅茶入りなので、ふたつを食べ比べしてみると面白いかも!?


みんなが選んだ袋あめの人気TOP5は?


特に人気があった5商品をランキング形式で紹介します♪

■第5位
【ミルキー】24票


『子供の頃からミルク味が大好きペコちゃんが大好きなのもあります』(かずばあやさん/群馬県/50代/女性)

◯ミルキーはママの味!のフレーズが有名ですよね、柔らかいので噛みたくなるのも特徴ですね♪

■第4位
【龍角散のど飴】27票


『最初はマズイと思いましたが…喉のスッキリ感。イガイガ解消と食べ慣れると、マズイ感が無くなり…今では1年中持ち歩きます。これからの季節ストックも欠かせません。』(じゅんさん/茨城県/40代/女性)

◯袋にジップが付いていて、しっかり保存できるところも素敵ですよね!

■第3位
【パインアメ】29票


『こどものころから、何かあるとパインアメ!遠足には、必ず持っていく。今も仕事場に通勤、映画鑑賞にも!パインの甘さが疲れを取ってくれるし良い香りがする!』(のんのんさん/大阪府/40代/女性)

『とにかくおいしい!!手軽に食べられるし、あまり嫌いな人もいないでしょう。』(HITOMIさん/大阪府/40代/女性)

◯吹いたら鳴るイメージがありますが、鳴るようには作っていないらしいです!

■第2位
【いちごみるく】59票


『小学生の頃によく買って貰っていたのが、いちごみるくの飴でとても甘く噛むと中にサクサクとした、いちごみるくパウダーがしっかりと入っているのでとても美味しいです。イチゴミルク味のものが好きな方は、何個食べても飽きません』(くっさん/三重県/20代/女性)

『カリッと噛むとミルクの味がたまらない。ちょっとシナモンぽい。』(くうりんさん/埼玉県/50代/女性)

『子どもの頃からなじみがあって、たまに食べてもやっぱり美味しい!』(きみっきーさん/奈良県/30代/女性)

◯外はカリッ、中はじゅわ。っと、たこ焼きのような(?)食感が最高ですよね!

■第1位
【キシリクリスタル】128票


『味のバラエティが多くて選ぶ楽しさがある。ハズレの味はほぼない所も美味しい(^_^)』(ママ子さん/埼玉県/40代/女性)

『初めて食べた時の美味しさ半端なかった!!もちろん何回もリピしてる!』(ちゃーみーさん/埼玉県/30代/女性)

『ノンシュガーだから、虫歯になりにくく、歯がザラザラしてこないから』(まこさん/埼玉県/40代/女性)

『良い効果を認識しながらなめると、とても歯に良いことしてるなと気分がよくなる』(ゆきじさん/大阪府/40代/女性)

◯キシリトール配合で、ひんやりした味が楽しいですよね!売り場でも大人気です!


『キシリクリスタル』は2001年に発売された商品ですが、それ以外のランキング上位のアメは、昔からある、お馴染みの商品が多く入っていましたね。
子供の頃から大好きです!といった声が多く、息の長い商品が多いみたいですね♪

今回はここまで。次回をお楽しみに。

※掲載の商品画像はイメージとなります。実物とは異なる場合があります。ご了承ください。
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

welcil 編集部welcil 編集部