2017年2月14日 更新

【決めchao】チョコランキング

チョコ菓子戦国時代の王者は誰?


チョコレートのお菓子は本当に種類が豊富で、買うときについつい悩んでしまう方もいると思います。
今回はそんな方に絶対に見て頂きたいみんなの選んだチョコ菓子の投票結果を大発表しちゃいます。



■食べきりサイズのミニチョコ達
投票数はそこまで多くないものの、印象的だったチョコ菓子をいくつか紹介します♪


【セコイヤ】
『値段が安くてボリュームがあり、食べた感が感じられる』(kukyeeさん/兵庫県/40代/男性)

【チロルチョコ】
『一個ずつ包装して持ち歩きしやすい』(ありささん/兵庫県/50代/女性)

【ブラックサンダー】
『最強のお菓子』(YOSHIさん/大阪府/30代/男性)

◯駄菓子屋でよく買った商品もチラホラ。ブラックサンダーを食べると牛乳を飲みたくなりますが、コーヒー牛乳も合いますよね!



■きのこ軍とたけのこ軍の争いは!?


【たけのこの里】 17票
『チョコレートとクッキーのハーモニーが大好きです。旦那と取り合いになります。』(そらさん/大阪府/40代/女性)

『チョコ自体は苦手だけど、クッキー感、サクサクがあるといけるから。その中でもこれは1番!』(りんごさん/大阪府/20代/女性)

『きのこ軍団には絶対に負けない!正義は勝つ!』(きのこハンターさん/群馬県/30代/女性)

【きのこの山】 7票
『もう何十年と食べてるけど甘すぎずチョコとクラッカーが絶妙ですね。飽きません。』(てんてんさん/大阪府/40代/女性)

『チョコ部分とクッキー部分を別々に食べる楽しみ』(かおりんさん/兵庫県/50代/女性)

◯永遠のライバル対決ですが、今回はたけのこが圧勝でした。私もたけのこ派なので結果に安心しました(笑)


▼チョコ界を天下統一した最強菓子は!?

今回は票数が同数で4位が2つあります♪

■第4位【ガルボ】17票


『食感と食べる時、チョコが手に付かなくていい。』(黒ごまさん/新潟府/30代/女性)

『口にポイポイ入れられて手も汚れないから、仕事中にちょっと小腹が空いたときにgood♪』(ルナさん/千葉県/40代/女性)

◯夏でもベタっとせずに口に運べるのがよいですよね♪ガルボミニも食べやすいサイズで人気ですね。

■第4位【アルフォート】17票


『ビスケットとチョコが絶妙。ついつい買っちゃう。チョコに型どってある絵が高級感あるし、友達の家に行くときの手土産にもピッタリ。』(あっこさん/埼玉県/20代/女性)

『チョコとクッキーのバランスがいい』(ミッキーさん/埼玉県/30代/女性)

◯1つ1つ食べごたえがあるので、お腹がすいた時にいいですよね♪

■第3位【チョコボール】18票


『安くて、口にポイッと入れやすく食べやすいから、子供にあげやすい。味のバリエーションも色々あるし。』(そうまママさん/三重県/30代/男性)

『当たりつきで開けた時にワクワク感がある♪食べやすい大きさで美味しい』(りくちゃんさん/大阪府/50代/女性)

◯とんねるずが出ていたCMのイメージがけっこう強く印象に残っていますね、私はキャラメル味をじっくり食べるのが好きです♪

第2位【アーモンドチョコ】32票


『夜勤明けの一粒、たまりません』(あやのっちさん/大阪府/40代/女性)

『アーモンドの食感と食べ応え!!そしてチョコレートの甘さ!!チョコがビターでもブラックでもいい』(YUKIさん/新潟県/40代/女性)

『なんたってアーモンドの周りのカリッとする飴がけの食感が好きです』(やまちゃんさん/埼玉県/40代/女性)

◯マカダミアとアーモンドはライバルと思っていましたが、圧倒的にアーモンド派が多くてびっくりしました!

■第1位【キットカット】34票


『学生の頃から大好きです。チョコとウエハースのハーモニーが絶妙ですね』(ヒロさん/滋賀県/40代/女性)

『個別包装なのでチョコチョコ食べれる(≧∇≦)』(ちょびさん/埼玉県/40代/女性)

『ご当地の色んな味が楽しめてサクッと歯応が良いです』(モカちゃんさん/千葉県/40代/女性)

『小腹がすいた時にちょうど良く、チョコ感とウエハースのザクザク感がたまらない!中でも、大人のキットカットが一番好きです。』(yonaさん/大阪府/30代/女性)

◯抹茶味を食べた時の衝撃は今でも忘れられません、、、ご当地味も種類豊富で集めるのも楽しいですよね!

板チョコと呼ばれる商品が、意外と苦戦していたのが印象的です。
でも何より、たけのこの里がきのこの山に勝てていたことが嬉しいな(笑)

今回はここまで。次回をお楽しみにー。

※掲載の商品画像はイメージとなります。実物とは異なる場合があります。ご了承ください。
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

welcil 編集部welcil 編集部