2020年1月29日 更新

もう乾燥も怖くない!冬のスキンケア&メイク悩みにプロがお答え

もう乾燥も怖くない!冬のスキンケア&メイク悩みにプロがお答え

寒さが本格化するこれからの時期には、血行不良で顔色が悪くなったり、乾燥によりファンデーションのノリが悪くなったりと、肌やメイクのトラブルが多くなります。そんなトラブル対策をするべく、今回は資生堂ビューティートップスペシャリストの木村尚貴さんを直撃! 冬ならではの肌悩みの対策法を教えてもらいました。

<目次>

こんな時どうしたらいいの? 冬のスキンケア・メイク悩みQ&A

こんな時どうしたらいいの? 冬のスキンケア・メイク悩みQ&A

 

<QUESTION 1>

Q.乾燥で粉ふき肌に...。ファンデーションのノリをよくする方法を教えて!

A.粉ふきは肌の乾燥サイン! とにかく保湿を心がけて。
「粉ふきは、肌が深い乾燥状態にあるサイン。水分・油分ともに足りないので、両方しっかり与えて保湿することが大切です。スキンケアをする際には、弱った肌を刺激しないよう、手のひらでやさしく包み込むようにすると◎。また皮がめくれている場合は、保湿力のあるバームなどを塗ってめくれた皮ふをなじませてからファンデーションを塗布するのがおすすめですよ」(木村さん)

\粉ふき乾燥状態を落ちつかせるなら.../
どんな乾燥状態でも! 肌にピタッと密着する保湿バーム

「オイルを固形にしたアイテムで、保湿力が高いのはもちろん、乾いた肌を速攻なめらかに整えたりファンデーションの密着を高めたりする力にも優れています。植物オイルが配合されているので、デリケートな状態の肌でもやさしい使い心地です。メイクの上からでも使えるので、日中、外出先で乾燥が気になった時にもとても便利。ここぞという乾燥シーンにも心強いアイテムです」(木村さん)

 

<QUESTION 2>

Q.寒さで顔の血色が悪い時、メイクでカバーする方法はある?

A.血色の悪さを「化粧下地」でケアするのがおすすめです!
「血色の悪さをカバーするには、色補正効果が高く血色をよく見せるピンク系の化粧下地を使うと良いですよ! ほおの中心から円を描くようにくるくるとなじませて、マッサージを兼ねると血行促進にもなっておすすめです。ファンデーションやチークで血色感を出そうとしすぎると、厚塗り感が出て不自然になりやすいので気をつけてくださいね」(木村さん)

\血色の悪さをカバーするなら.../
ひと塗りで美肌見せ。ふわっと明るい血色感を演出する化粧下地

「ピンクとラベンダーの中間のような絶妙な色味が特徴。ピンクには血色感を与える効果が、ラベンダーには黄ぐすみをオフする効果があるので、下地を塗っただけで透明感に満ちた美しい肌へと近づけます。肌なじみもよく白浮きの心配がないところもポイント! 寒い冬でも、内側から透明感があふれだすような、褒められ肌になれますよ」(木村さん)

 

<QUESTION 3>

Q.乾燥で目の周りに小じわが...。簡単にできる対処法を教えて!

A.貼って寝るだけでOKな、新感覚のマスクをぜひ試してみて。
「マッサージもおすすめですが、時間がない時には貼って寝るだけで目元にうるおいを与えられるマスクを使用してみるのもひとつの手! とても簡単にケアができるので、忙しい人にもぴったりですよ」(木村さん)

\目元の乾燥による小じわを目立たなくケアするなら.../
ヒアルロン酸でできた1200本の針状美容液でうるおいチャージする新感覚マスク

「1200本ものヒアルロン酸を針状で固めた新感覚のシートマスクです。肌に貼ることでヒアルロン酸がゆっくりと溶け出し、うるおいが角層深くまで行き渡ります。浸透しづらい成分だったヒアルロン酸を、針状することで直接肌内部に届けることを可能にした画期的なアイテムなんです。貼って寝るだけという手軽さも魅力です。使用した翌朝の肌が楽しみになりますよ」(木村さん)

 

<QUESTION 4>

Q.お風呂から出るとすぐに乾燥してしまい、スキンケアが間に合いません...。

A.湯船に浸かりながら、シート状マスクで集中保湿ケアするのがおすすめ。
「お風呂上がりの乾燥や冬は寒くてケアがおろそかになりがち...という人は、入浴中にシートマスクでケアするのが◎! 入浴中は蒸気で肌がやわらかくなっているのでうるおいを受け入れやすく、お風呂上がりの急激な乾燥も防げます。さらに開封前にパウチに入った状態で湯船にマスクをつけておくと、マスクがほんのり温まり冷たさを感じずケアできますよ」(木村さん)

\お風呂でシート状マスクを使うなら.../
美容成分がたっぷり入った、コスパ抜群な保湿マスク

「まるでエステに行った後のような、うるおいに満ちたハリのある肌を実現するマスクです。美容液がひたひたに含まれたシートが、フェイスラインをぐぐっと持ち上げるように密着。はがした後は、明るくピンとしたハリ感に満ちた肌に。'マスク=特別なお手入れ'と感じることもありますが、日常使いしやすい価格帯なのも魅力です」(木村さん)

 

<QUESTION 5>

Q.乾燥で唇がカサカサに...。どうやってケアしたらいい?

A. 保湿成分や美容成分が含まれたリップクリームやリップトリートメントをこまめに塗って乾燥を防いで!
「特に睡眠前にはたっぷり塗っておくと◎。塗布する際は、唇の中央から外に向かってマッサージするようにくるくるとなじませるのが効果的です。また、メイク時にはリップメイクの直前ではなくスキンケアの後にリップクリームを塗っておくのがおすすめ! 他のメイクを仕上げている間にうるおいが浸透し、リップメイクがきれいに仕上がります。皮がめくれてしまった時は、無理にはがさず自然にはがれ落ちるのを待ってくださいね」(木村さん)

\カサカサ唇をケアするなら.../
美容オイルがとろけ出し、ふっくらな唇に導くリップクリーム

「唇の温度で美容オイルが溶け出すほどなめらかなリップトリートメント。唇を指でクルクルっとマッサージしても◎!カサつきが気にならない唇へと導いてくれます。唇をうるおいでラッピングするため、時間が経っても乾きづらいところも魅力。ツヤ感も高く、ぷるんとした唇を演出してくれますよ」(木村さん)

 

<QUESTION 6>

Q.シャワー派の人におすすめの血行促進法を教えて!

A.スキンケア中に簡単マッサージを取り入れるのがおすすめです。
「湯船に浸かるのが難しい場合は、スキンケアの際にマッサージを取り入れて新陳代謝を促すのが◎。また冬は代謝の低下により、乾燥以外の多くの肌トラブルを感じやすいため、積極的にケアできるスペシャルアイテムを取り入れるのもおすすめです」(木村さん)

\マッサージで血行を促すなら.../
なじませるだけでみずみずしいクリアな肌! 簡単マッサージにも使える美容液

「美容液を塗布する時にマッサージも同時に行うことで血行促進も期待できます。ふき取り不要で手軽に使えるのも◎。さらにこちらの美容液は、シミもしわもくすみも、さまざまな肌悩みをトータル的にケアでき、透明感があふれ出すようなクリアな素肌へと導いてくれます」(木村さん)

<簡単マッサージ法>
朝と夜、化粧水の後、手のひらにディスペンサー2回押し分をとり、顔全体にマッサージしながらゆっくりとなじませます。美容液が肌になじむまで(1)から(4)のステップを繰り返します。

1.円を描くように、あごを3回引き上げます。
2.大きな円を描くように、ほおを3回引き上げます。

3.鼻すじから額に向かって大きく3回引き上げます。
4.目のまわりはやさしく円を3回描きます。

5.最後に、顔の中心から外側に向かって軽くなで、肌を落ち着かせます。

困った時の対策法を知っておけば、厳しい冬も怖くない! 美容のプロのアドバイスを参考に、うるおいに満ちた生きいき肌をキープしてくださいね!

*美白とは、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐこと

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

watashi+watashi+