2020年1月30日 更新

【ガサガサかかとのケア方法】保湿ケアから簡単1分マッサージまで

【ガサガサかかとのケア方法】保湿ケアから簡単1分マッサージまで

タイツや靴下で隠れていることが多い、かかとや足の甲。普段見えない部分だけに、実はガサガサしている...なんてことも多いのでは? そこで資生堂Webビューティーコンサルタントの岩上さんに、自宅で簡単にできるフットケアの方法を教えてもらいました。

かかとが固くなる原因って?

かかとは他の身体のパーツと比べ、体重の重みによる圧力や、歩行による摩擦を受けやすいことが固くなる原因と考えられます。また、皮脂腺がないため、乾燥しやすいこともガサガサかかとの要因。放っておくとどんどん角質が厚くなり、ひどい場合はひび割れを起こしてしまう可能性もあるため、日頃からしっかりケアを行って、やわらかいきれいなかかとを手に入れましょう。

かかとのケアは、お風呂上りのコットンパック&マッサージが◎

かかとは身体の中でも特に角質が厚くなりやすいパーツ。週に1度だけでも、角質スムーザーなどを使用して、厚くなった角質を取り除くのがおすすめです。お風呂では角質がやわらかくなっているのでお手入れしやすいですよ! 角質ケアをした後は、コットンパックなどでしっかりうるおいを補給し、仕上げにオイルやクリームなどでマッサージを行うと、なめらかでつるんとした足元に! 簡単なかかとの保湿ケア&1分でOKのマッサージ方法をご紹介するので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法

1.2つに割いたコットンに、ボディ用のミストや化粧水などをたっぷり含ませます。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法


2.1のコットンを左右のかかとを包み込むように貼り、10分ほどキープ。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法


3.その間に、指先から足の甲にかけてミストや化粧水などでうるおいを与えます。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法


4.かかとのコットンパックをはがしたら、ボディオイルやクリームを手のひらにとり、両手で足の甲全体を包みます。もみほぐすように、大きな円を交互に描くようにマッサージを。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法


5.足の指のつけ根から指先までさすり、力を抜いて、つけ根に戻ります。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法


6.足の指の間を小さな円を描くようにもみほぐしたら終了です。

ガサガサかかと&足の甲のケア方法


たくさん歩いた日や足がだるいと感じる日などは、4~6のマッサージだけでも◎。マッサージは片足1分ほどでできるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね!

かかとケアのお供に! おすすめアイテム5選

マッサージは、ボディオイルやクリームなどを使って行うのがおすすめです。すべりが良くなることでマッサージの摩擦を軽減してくれる上、しっとりうるおいある肌へと導いてくれますよ♪ さっそくおすすめアイテムをチェックしましょう!

バラの香りとマッサージ効果でやわらかくほぐすアロマオイル

オイルとエッセンスの2層効果で、固くなった肌をやわらかく整えるアロマオイル。女性らしいリラックス感のあるバラの香りを堪能しながらマッサージを行えます。惜しみなくたっぷり使えるコスパのよさも魅力です。

天然の保湿成分がうるおいを閉じ込めるナリッシングオイル

天然の保湿成分がうるおいを閉じ込め、ツヤのあるやわらかな肌へ導きます。洗練されたローズの香りも◎。かかとはもちろん、顔やボディ、乾燥が気になる髪の毛や爪のお手入れにもご使用いただけます。

尿素配合でしっとりかかとに導くクリーム

尿素10%配合で、厚くなった手ごわいかかとの乾燥もしっかりケアできるボディクリームです。乳液状なので伸ばしやすく、マッサージにも最適。日常使いしやすい価格や使いやすいチューブタイプも魅力です。

しっとりハリ肌に導くリッチなボディクリーム

肌にうるおいを与えるチンピエキスを配合し、ハリのあるふっくらとした肌へ導きます。ガサガサのかかとも、すべすべしたなめらかな感触に。お風呂上がりや寝る前のリラックスタイムにおすすめ! エレガントな香りでマッサージすればお手入れも楽しくなりますよ。

やさしくマッサージするだけで角質ケアできるスポンジ

かかとの硬くなった角質をお手入れできる専用スポンジ。やさしくなでるようにマッサージをするだけで、厚くなった角質をケアできます。ひじやひざのかさつきにも◎。

かかとのガサガサはマッサージ&保湿アイテムで解消! 冬でもつるんとうるおったかかとをキープしてくださいね♪

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

watashi+watashi+