2018年1月19日 更新

冬に太ももが寒いと感じたら試したい3つのこと:冷えに悩んでいる人は必見!

Rhythm
秋から冬になるにつれて気温は下がりますが、たとえ寒くてもお洒落をしたいという女性は多いでしょう。 最近では防寒対策バッチリのおしゃれ服も増えてきましたが、たくさん着込んで寒さ対策をしたにも関わらず、太ももだけが冷えてしまうという経験がある方もいるのではないでしょうか。 今回は、太ももが冷えてしまう原因と、その対処法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

太もも冷えの主な原因

運動をする機会の減少

ちょっとの距離でも寒さに耐えかねて交通機関を利用してしまうという方も多いのではないでしょうか。交通機関を利用するのは便利な半面、体を動かす時間と筋肉量が減ってしまいます。とくに歩く機会が減ると、足の筋肉が衰えてしまいかねません。 足の中でも太もも周辺にある筋肉は、体にある筋肉の中でも大きな筋肉が集中している部分です。そこの筋肉量が減ってしまうと、筋肉を動かすことで作られる熱も減ってしまうので、冷えを感じやすくなってしまいます。

股関節周りの柔軟性の低下

従来であれば、女性は股関節周りなどの柔軟性が高い傾向にありました。しかし、最近は体の硬い女性が増えています。 股関節周りの柔軟性が低下すると、股関節の中を通る動脈などの血管も圧迫されやすく、血流が悪くなり太ももの冷えを感じやすくなります。

炭水化物の摂取量が多い

1日の生活の中で熱を作ってエネルギーを消費する活動のひとつに、DIT(食事誘発性体熱産生)というものがあります。 これは食事を摂ることにより消化や吸収の過程において体の中で熱の産生が起きる現象のことです。このDITは、食事でタンパク質の多い食品を摂ることで増やすことができます。 冷えに悩まされる人の多くは甘いものなど、炭水化物を好むとされているので気をつけましょう。

太もも冷え対策

ウォーキングを取り入れてみる

太もも冷えの対策としては、まずは足を動かすことが重要になります。家で筋力トレーニングをしたり、ジムで運動をしたりするなどの運動習慣を作ることが理想ですが、そこまでできないという人におすすめなのはウォーキングです。 ただし、ただ歩くことを増やすだけでは、あまり効果が現れない場合もあります。というのも、良いフォームで歩かなければ太ももの筋肉を効率的に使えないからです。 歩くときは、膝を伸ばしてまっすぐ前方に踏みだし、かかとで着地してつま先で蹴り、歩幅は無理のない範囲で広くすることを意識しましょう。 このフォームで歩くと、歩くペースも上げた方が楽なので必然的に早く歩けるようになります。また、脂肪燃焼にも効果があるため、ダイエットにも有効です。まずは、1日20分(2000歩)を目標に歩く量を増やしてみましょう。

ストレッチで股関節をほぐす

柔軟性を高めるために行うのがストレッチ。ストレッチは筋肉が温まっているときに効果が高くなるので、お風呂上りに行うのがおすすめです。 股関節に効果のある開脚ストレッチは、床に座り足をできるだけ開いて、胸とおへそを床に近づけるように体を前方に倒していきます。このときに息は止めず、できれば「1、2、3」とカウントをしながら15秒間行うようにしましょう。 正座ストレッチの場合は、床に正座をして手や肘で体を支えながら、上体を少しずつ太ももの前が気持ちよく伸びるところまで後ろに倒していきます。その状態を15秒間続けてみましょう。

タンパク質を摂取する

普段の食事で肉や魚、豆腐、乳製品などを食べる機会が少ない人は、ぜひ意識的に食べるようにしてみてください。これらの食品に含まれているタンパク質は、冷え性の対策に効果的です。 食事を摂ると体内に吸収された栄養素が分解されます。そして、その分解された栄養素の一部が体熱となり消費され、体が温かくなるという仕組みです。 栄養素のなかでもタンパク質がもっとも多くエネルギーを消費するといわれているのでおすすめです。
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rhythm (リズム)Rhythm (リズム)