2017年9月15日 更新

新陳代謝も気・血の巡りもアップする『おへそ呼吸』で快適な睡眠を!

Rhythm(リズム)
みなさん、こんにちは!バストアップメソッド「乳トレ」の“おっぱい番長”こと経絡整体師の朝井麗華です。
みなさん快適な睡眠を取れていますか?慢性的な睡眠不足で、睡眠の量や質に不満足な状態を不眠症と呼びます。心身からくるもの、原因が分からないものもありますが、いずれにしても満足いく睡眠が取れないのは辛いですよね。
そんな方はまず第一に、寝る前にリラックスすること!
神経が高ぶったまま1日を過ごし、睡眠時もそのモードから抜けられない人は多いです。スムーズに寝入るためにも環境は大事。あなたの寝室は快適な空間になっていますか?好きな香りのアロマを焚いたり、寝具を肌触りの良い物に変えるなどもひとつです。

頭と足をよくマッサージして「気」を流すのがポイント

さてここからが経絡整体師ならではのアドバイス。眠れない夜の高ぶっている神経は、上半身に上がりっぱなしの「気」を、下半身に落とすことで鎮めることができます。本来、「気」は頭部から入り足元へと流れていくのですが、身体の随所にコリや老廃物を溜め込んでいると、人間の三大エネルギーである「血」や「水」の流れが滞るので、それと連動して「気」の循環も滞るのです。
きちんと改善するにはマッサージや鍼などプロの整体を受けて頂きたいのは山々ですが、今回はご自身でも即席でできる、上半身に溜まっている「気」を下半身へと動かす方法をご紹介します。
まず、頭皮をゆるめましょう。両手を開いて頭皮に添わせるように髪の根本に手ぐしを入れ、指股まで髪が入ったらグーに握るようにそのまま髪をギュっと掴みます。髪を使って程良く頭皮への刺激を与えることができます。同様に頭部全体に行ってください。頭皮マッサージャーやカッサなどのアイテムをお持ちの方はぜひ使って。
続いて後頭部をゆるめましょう。首の後ろで両手を開いて親指の腹を頭と首の付け根に当てて、そのまま顔を少し上に向いて親指に頭の重さを乗せます。10秒数えたら親指の位置をずらして同様に、頭と首の付け根全体に行ってください。
次は、両足首を1分間よく回します(ゆっくり大きく)。そしてあぐらをかくように座り、両手の親指を使って足裏を全体的に揉みましょう。特に土踏まずと踵を念入りに。よりマッサージをスムーズに行うために、オイルやクリームなどを使うといいでしょう。
このように、頭と足を触ってあげることで、上方に溜まっている「気」を下方へ動きやすくすることができます。「気」が上から下へと巡る、身体がリラックスした状態が質の良い睡眠へといざなってくれるのです。

とっておきのおへそ呼吸、【Reikaブレス】

最後にとっておきの方法を。不快な睡眠症状にお悩みのあなたにオススメの呼吸法、その名も【Reikaブレス】をご紹介します!

①手をダイヤ形にして、中心におへそを置くようにお腹に当てます。指の先に当たる「気」の置き処 ”丹田”を意識しながら、鼻から10秒間かけて息を大きく吸い込む(※おへそが鼻になったつもりで、おへそから深呼吸するようなイメージで)。


②30秒間かけて口から細くゆっくり息をはき出す。これを3~8回繰り返す。


Reikaブレスをする時のポイント

息を吸いこむ時は“キラキラした綺麗な空気で身体の隅々までいっぱいに満たすイメージ”で。息を吐く時は“ストレスや身体の中のドロドロしたものや不快な嫌なものを根こそぎ追い出すイメージ”を持って行いましょう。
身体がポカポカしてきませんか?この呼吸法は人間の三大エネルギーである「気・血・水」を巡らせることができるので、リラックス効果だけでなく、新陳代謝アップも期待できます!そしてこの呼吸法を行う際はぜひ、ビフォーアフターで前屈や肩の上げ下げをしてみてください。呼吸後の方がグンと可動域が上がっているはず!
いかがでしたか?睡眠は人間の三大欲求のひとつで、一生切っても切れない大切な存在。ちょっとした工夫や習慣で、快適な睡眠を取れる体質を作っていってくださいね。

文・写真提供:リズムアンバサダー 朝井麗華
参考文献:『おっぱい番長 朝井麗華直伝! DVD付き くびれポリスの「腹トレ」 腰痛、便秘もスッキリ!』(講談社)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rhythm (リズム)Rhythm (リズム)