2018年9月13日 更新

忙しい人のための時短料理ワザ!がんばりすぎない半調理テクも!

がんばりすぎない、毎日ラクして続く「時短料理」がいい!

仕事から疲れて帰ってきてすぐ、夕食作りに追われる毎日。かといって、週末に何時間もかけて「作り置き」したり、1週間分の献立を考えるのはちょっと大変という声も……。
そんな忙しいみなさんに、簡単な「時短料理」のワザをご紹介します!
キッチンでの調理は、下ごしらえから後片付けまでの長丁場。やることが山盛りだからこそ、「がんばりすぎない」のが続くコツです。できることから、取り入れてみてくださいね。

<目次>
「手間抜き料理」ワザ
「クッキングペーパー+電子レンジ」で、蒸し野菜
「クッキングペーパー+電子レンジ」で、唐揚げ
「クッキングシート+電子レンジ」で、焼きそば
「クッキングシート+フライパン」で、煮魚
時間があるときの「野菜の下ごしらえ」ワザ
話題の「半調理」ワザ
「ジッパー付き保存バッグ」で半調理
「圧力調理バッグ」で半調理
「食器洗い」の時短ワザ

もっと賢く、楽しく、「手間抜き料理」しよう♪

手抜きではなくて、「手間抜き」がポイント。上手に手間を抜いても、料理はおいしく作れます!

「クッキングペーパー+電子レンジ」で、蒸し野菜が5分!

ふき取りや水切りなど、キッチンで便利に使えるキッチンペーパーの中でも「クッキングペーパー」と呼ばれるものがあります。厚手で破れにくく、熱・水・油に強いのが特長。しかも水や油をたっぷり保持することができます。その特長を活かして、水切りや油切り、落し蓋、アク取り、だしこしなどのほかに、電子レンジでの下ごしらえにも使えます。
水でぬらしたクッキングペーパーで材料をくるんで、電子レンジで加熱するのが、「ぬら・くる・チン!(ぬらして・くるんで・チン)」。
鍋にたくさんお湯を沸かさなくても、カラフルな蒸し野菜が簡単にでき上がります。

ぬらしたクッキングペーパーで野菜をくるんで、電子レンジでチンするだけ。

マヨネーズとケチャップを混ぜたオーロラソースを添えれば、こんなカラフルな1品に!

「クッキングペーパー+電子レンジ」で、唐揚げも楽勝!

平日に揚げ物はちょっと……という方は、鶏肉に下味をつけてから「ぬら・くる・チン!」しましょう。電子レンジなら肉の内部から加熱ができるので、あとは少ない油で表面をサッと揚げ焼きにするだけで、ふっくらおいしい唐揚げができますよ。

味をつけた鶏肉を ぬらしたクッキングペーパーで包んでレンジでチン!

少な目の油で揚げ焼きします。すでに中に火が通っているので、表面に焼き色がつけばOK!

肉がかたくならずに、ふっくら仕上がります。

「クッキングシート+電子レンジ」で、最速!焼きそば

「クッキングシート(オーブンシート)」とは、表面をシリコン樹脂加工したツルツルしている薄手のシート。蒸気は通しますが、油や汁を通さず、食材もこびりつかないので、蒸し料理やオーブン料理に大活躍。

このクッキングシートを使えば、電子レンジで焼きそばがとても簡単においしく作れます。シートの上に具と麺、ソースをのせて包み、チンするだけ。フライパンを使わないので、後片付けもラクラク!忙しい日の究極の裏ワザです!

耐熱皿の上にクッキングシートをのせて、具と麺、ソースをのせます。

1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Lidea(リディア)Lidea(リディア)